2015年06月29日

自己肯定感とは

しばらくぶりの更新です。
なんとなくPCと離れたいと思ったのと、ピヨも順調に中学校生活を送っているので今は主人のサポートに専念しています。

育児についていろいろ私なりに勉強をしていましたが、最近やっと「自己肯定感を育てる」とはこういうことなんだと再認識することが出来ました。
誉めることがいいと聞きます。我が家ではよく誉めていたのですが、それがどうも自己肯定感とは違うものを生み出しているような気がしてなりませんでした。

ピヨについては、どうしてでしょう?人間関係において今まで自分自身がうまくいかなかったことを『失敗して欲しくない』と言う想いが先にたってしまって無意識に否定していることが多かったと思っています。
この無意識というのは厄介ですね。

先日、ピヨが風邪で休んでいるお友達のお家にお見舞いに行くと言い出し、出かけて行きました。
お見舞いの品を用意し、他にもう1人男の子のお友達と一緒に行ってきたらしいです。
風邪をひいたお友達のお母さんは、お見舞いのお返しにいろいろお菓子を勧めてくれたのですが、ピヨにとってはあまり嬉しいものではありませんでした。アイスだったらしく食べきれる自信が無かったとのこと。

その話を私にしてくれました。
「アイスを差し出されて『嫌いなんでいいです』って断ったんだけどいいよね。S(もう1人の友達)は嫌いなんて言ったら失礼でしょって言ってたけど。」

以前の私の答えならS君と同じように「S君の言うとおりだよ〜せっかくお友達のお母さんがくれたのに」と言うと思います。
何故なら、私は自分の気持ちよりも相手の気持ちを大切にしたいからです。自分が多少我慢しても相手の好意は受け取るべきだとずっと思っていました。だから無意識のうちに言葉としてでてくるのです。
ピヨの気持ちは否定されています。ママはS君の味方だとピヨは思うでしょう。

でもピヨは、いらないものを頂いても返って失礼だと思ったのです。
そうです、本当はそれでいいのです。
ピヨは自分がこうしたいと思っても、私の視点で話すことで、身動きの取れない状況をつくっていたのです。

今回の私のピヨへの答えは「自分の意思をはっきり言えたから良かったんじゃない?」です。

自分の意思を伝えることが相手に失礼だと思い黙って受け取ることは、実は一番簡単な方法なのです。
でも、自分は本当はどう思ってどうしたいのかをまず伝えることは、コミュニケーションの基礎ではないかと思うのです。
相手にそれを上手にお断りするお勉強はこれからじっくり学ぶこと。

子どもの考えたことや感じたこと思ったこと、全て「そんな風に思ったんだ」と受け取ることで、子どもの自己肯定感は育つのだと思いました。これからは自己肯定感を育てるためにたくさん肯定してあげなければと思います。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己肯定感を育てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

競り合う姉妹

先日お風呂上りに体拭きタオルを忘れてしまったので、子ども達に
「誰か〜タオル持ってきて!」とお願いしました。
向こうで、バタバタと音がし先に来たのはピヨの方でした。
泣きながら・・・「ピヨが先に持ってこようと思ったのにウサが〜っ!」
後からウサが得意げになって持ってきてくれました。
我が家では、中学生にもなるお姉ちゃんが未だにこんな感じです。
(おいおい、そんなことで泣くなよ!)と少し苛立ちましたが、じっくり考えました。

そして気付きました。この子が私に何を伝えたいのか。
「ママって本当に幸せだなぁ〜、2人がこんなにママのために動いてくれるなんて!」と言って頭をなでなで。

こんな言葉かけをすると、ピヨはニッコリ。とっても嬉しそうな顔をしました。
そうか、こういうことだったんだ。

こんな声かけが自然に出来ているママ、いるんだろうなぁ〜、私はやっと気付いたのです。

競い合って相手を蹴り落とすことを教えたのは、もしかしたら私だったのかもしれません。

子ども達が何を一番伝えたくて動いてくれているのか、受け取らなくてはいけないのです。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己肯定感を育てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

育て方を間違えた

「育て方を間違えた」と23歳の時に母親に言われたことがあります。
本当にショックでした。

どうしてそんなにショックなのか?自分でも分からなかったのですが、最近になってやっと分かりました。

「育て方を間違えた」という言葉は、それまでの23年間の自分を全否定されていると言うこと。
親は自分の反省のつもりでその言葉を発しているのかもしれませんが、もう取り返しのつかない過去について「育て方を間違えた」の一言で済ませて欲しくないのです。

じゃあ、もし育て方を変えていたら、こんな私にならなかったの?
私は私、違う育て方をされても私です。

ありのままの自分を見てくれていない親に対して、とても悲しい気持ちになったのだと思います。

自分なりに必死に悩んで迷って、出した結果が親を裏切ることになってしまった。
自分の望む結果にならなかった子どもを受け入れたくない気持ちも分かります。親も完璧ではありません。今は許せます。

でもこれから親になる人には決して言って欲しくありません。

子どもは自分で幸せを得るために必死です。

親の大きな愛で受け入れてあげてください。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己肯定感を育てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする