2016年09月11日

カウンセリングとコーチング

不登校になるとカウンセリングを勧められます。
最初私は、カウンセリングというものに意味を見出せずにいました。
ただ話を聞いてもらうだけのようなイメージだったからです。

私も勧められるがままに、いろいろな先生にお会いしましたが、2時間ほど話を聞いていただき1つか2つ聞いて良かったということがあるくらいでした。
しかし、この1つか2つ得られたものは自分にはとても貴重なものなのです。その地道な作業があったからこそ今があると思っています。

例えばピヨの場合は、「他の人には気付かないけれど、学年があがる時や何か新しいことが始まる時に、実は本人にとって緊張がMAXの状態なんですよ」と言われました。このどこが得たことなのか?と思う方が多いと思いますが、私は「あ〜そうなのか」と気付いたのです。

「こんな簡単なことがなぜ出来ないの?」と思い込んでいる自分に気付くことが出来るのが、カウンセリングなのです。

他人の意見を聞かず、自分の考えが正しいと思い込んでいる人、また他人の意見を聞いているつもりでも、自分目線は変わらない人ほどカウンセリングは必要なのです。


コーチングは、少し精神状態が改善し、登校を再開し始めた頃のために必要になってきます。
再登校を始めても、本人には苦痛を伴うことが多いと思います。そのような時、自信や意欲を持てるようにするために、親自身が子どものコーチになり導びいていけるように学んでいきます。
ただ上記のように自分目線が変わらないままでは、子どものコーチにはなれませんが、自分が子どもの気持ちに寄り添えていないと自覚できるだけでも進歩です。
私は、子どもが学校へ行けずに家で過ごしている時、留守番させて学びに出かけていました。
子どもをゆっくり休ませながら、言葉かけのチャンスがくる『その時』のために、学ぶことをお勧めいたします。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
あの後ゆっくりブログを拝見したら、
ご主人亡くなられたんですね。
この一年は本当に大変だったであろうと、、。
遠くからですが、応援していますね!

子どもとはたくさんケンカして、
無理せず、でも踏ん張って(^ ^)ね。
Posted by ミケ at 2016年09月24日 12:07
ミケさんこんにちは

主人とは、お別れになってしまったけれど
しばしの別れだと思っています。その日まで
たくさんのお土産話を持っていこうと決めました。
子ども達は、はてさてどんな風に育ってくれるのやら・・・。
Posted by ひよっこ at 2016年09月24日 15:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441785344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック