2016年06月21日

ぐっと堪える

ウサは6年生になりました。
自分の人生を反省し、自分の意思をしっかり持ち伝えられる子どもになって欲しいと願っていました。
そう願うと本当にそのように育つのですね。
学校から帰るとその日あったことを話してくれるのですが、私の話をすると今までとは違った反応をするようになってきました。
今までは
「ママ大好き、何でそんなに優しいの?」
「ママが好きなようにすればいいよ」
なんて言っていたのが、ここ最近は
「ママってさ〜だからダメなんだよ」
「小さい頃ママって嘘ばっかり言ってウサたち困らせたよね。もう本当に嫌だったんだから。もうやめてね」
過去のことも根掘り葉掘り。その言い方が、本当に憎たらしい言い方で、このヤローっとイライラ。
なんだと〜と、反論。

しかしここでワナにかかってはいけないのです。
ぐっと堪えて黙る。
気付いた時に黙る。
子どもより一歩先を行く努力。

昨日こんなことを言っていました。
「ウサさ、いつもママに偉そうなこと言ってるけど、ウサも同じ様なことやってるんだよね」

人の気持ちは移ろうもの。
その時その時の感情に振り回されず、『待つこと』は人の自然な成長に繋がるのだなぁと感じた日でした。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック