2016年01月15日

来世での約束

主人が余命一ヶ月と言われたのは、11月でした。
それからピタリと一ヶ月後に亡くなりました。

小学校3年生の時に祖母が亡くなった時、それはそれは悲しくて沢山泣きました。そして人はいつか死んでそしてあの世でまた会えるんだとそう思いました。それからの私はいつでも会えるという気持ちで亡くなっていく人たちを見送って来ました。
そして主人との別れの日も。悲しくなんかない。
「もう話さないで!後は大丈夫だから」

呼吸状態が悪化したのは亡くなる2日前でした。

3日前、子ども達の今後の話や、もし、年末に自分に意識が無い状態でもみんなでゲームしたり写真を撮って欲しいと。
主人はとても強い人でした。恐れることなくそして、亡くなる直前まで私の心配をしてくれていました。

そんな主人と、来世で会えるとしたらいつ会おうかという話をしました。
主人は「また夫婦として」と言いました。
私は、「パパが中学生の時に会いたい」と言いました。
主人も「好きなアニメの話しやゲームの話をしてくれる女の子がいたら人生変わってたかもなぁ。じゃぁ中学生にしよう!」

来世があるなら、間違いなく私は主人と出逢いたい。


にほんブログ村

posted by ひよっこ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック