2015年05月07日

変化を恐れる母と助ける娘

連休は実家に帰りのんびりしてきました。
母は今、とても楽しくて穏やかに過ごせていると話していました。
そんな母を見て、私はとても嬉しく思います。

やっと私に依存することをやめた・・・それは本当にここ数年の話です。
世間では『毒親』とも言われているようですが、あぁ、私以外にも親のことをそんなふうに捉えている人がいたんだ〜と思ったことがあります。

母はとてもさみしがりやで、心配性で、私が行動を起こすことを嫌っていました。
私は出来るだけ母を安心させること、そばにいてあげようと思っていたのですが、中学、高校と進むに連れて、友人と遊んでいても素直に楽しむことも出来ず、何かをしていても心ここにあらずで、常に母の顔が浮かんでくるのです。

そしてある時、自分は何のために生まれてきたのだろうと考えるようになりました。

母は何かと、私が幼かった頃に口にした言葉を中学生、高校生になった時でも投げかけて来ました。幼い頃の純粋な気持ちを使って、私を縛ろうとしました。

本来親は、自分から巣立っていく子どもを喜ばなければなりません。
でも母はいつも何かで繋ぎとめておきたいという気持ちがありました。
私は、自分が母のそばにいなければ、母は幸せになれないと思っていました。
不安で押しつぶされて寝込んでしまうのではないかと思っていたのです。

私は苦しくなって自分から、その繋ぎとめていたものを切りました。
そして自分が幸せになれば母はもっと幸せになれる!と思うことにしたのです。

母に会いたくない時期は15年でした。出来るだけ自分に素直に距離をとることにしました。
すると母は自分から察知したのか少しずつ距離をおくようになりました。
そういう経過を経て、今やっと心から会いに行けるようになった気がします。

今思えば、母は不安で仕方なかったのだと思います。自分から見えない場所へ行ってしまうことが・・・。

母を安心させなければと、縛っているのは自分自身だったのです。

自分が幸せであれば何も問題はありません。
自分が幸せになれたときこそ、人を幸せに出来ると私は思っています。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418560709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック