2015年05月01日

気持ちがほっとして

ピヨの持久走は火曜日にやるはずだったのですが、木曜日に延期になりました。
しばらくは、『途中でやめる理由』を考える事で安心していたのですが、その日は延期になり残念がっていました。嫌な事が引き伸ばされ、水曜の夜にまた「嫌だなぁ」と言い出しました。

いつも寝る前に、ピヨとウサとベッドで話をするのですが、

ピヨに「小学校で走ったのはいつが最後だっけ?3年生かぁ、その時ピヨは20番くらいじゃなかった?そんなに遅くなかったよね。もしかしたら最後じゃないかもしれないよ。なんかママ楽しみだなぁ〜」と話すと

「ママがそういうんだったらピヨも走れそう!」と元気な顔になりました。

やれやれ・・・。

そして木曜日、帰ってくるなり
「もう〜嫌なんだよ!一緒にペア組んだ人が何週したか数えてるんだけど、数えるの間違えて一週早く終わらされたんだよ。まだ走れそうだったのに!」と怒り爆発。
結局記録が出ず、来週また・・・という事に。
「あれ?じゃあ一番の子はもうゴールしてたの?」
「ううん、してないよ」

一番の子がゴールもしていないのに、そこで辞めるあなたもどうかと?ということは突っ込まず、「そうなんだ〜、残念だったね!でも余裕だったんだね。で、何位だったの?」
「ビリ、ちょっと前にも走ってる子がいて頑張れば追い越せそうだった」
ということです。本当によく頑張ったと思います。

終わってホッとしたのか、その夜も学校での話が止まりませんでした。
食欲も出てきて、体重も増え始めたので、時々のサポートで良さそうです。
私もだいぶ気持ちに余裕が出てきました。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック