2015年04月23日

『出来ない』 ことを 『出来ない』 と言える

学校を休んでから、ピヨにまず教えたことは
『出来ない』 ことを 『出来ない』と言う  ということでした。
学校へ行くことが出来なくなったことで、自己肯定感は最低レベルまで下がったのです。

そんな時、親の期待を感じとったり、自分の理想が高かったりすると、 『出来ない』 ことなのに 『出来る』 と言ってしまう子どももいるようです。

ピヨの場合は、 『出来ない』 ことを 『出来ない』 と言える子でしたが、親の私たちが無理やり外に連れ出したりすることも度々ありました。しかしできるだけ 『出来ない』 と言ったらそれを優先するようにしました。
それを繰り返したことで、(あぁママは自分のペースに合わせてくれてるんだ)と気付いたようで、本音を言えるようになった気がします。

継続登校中は出来ないことだらけでした。そんな事が出来ないの?と思うのですが、この作業は大変重要な気がします。
『出来ない』 を 『出来る』 にもっていくには、ある程度前向きな気持ちの時に使えますが、不登校の時は『出来ない』 なら 『やらない』 でいい。

『やらないこと』 を選べないから、休めないから、不登校になったのでは?と思うからです。
何も考えずにどんどん休む。人がなんと言おうと、どんな風に見られても自分が出来ないのなら休む。
これって大人になっても本当に大事なことです。

そして私はピヨにこう伝えました。
「ママはピヨが健康であることが一番うれしいんだよ。自分の体を良く知って大事にするんだよ」と。

自分の体を自分で知ること、それは大人になってからも必要です。
親やみんなに合わせるのではなく、自己管理することを覚えさせる意味でも必要なのです。

そうやって過ごすうちに、いつの間にか何でもチャレンジ出来る時がやってきます!

もっと図太く生きましょう〜。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 不登校 家族の役割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417670430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック