2015年04月22日

ついにその時が!?

以前私も、不登校に関するブログをたくさん読ませていただき、過去に不登校になったお子さんの体験談から、たくさんのヒントを頂きました。少しずつすこしずつ克服出来ていることを実感し、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
その中で、不登校を『過去の話』として話せるようになったお子さんの話がありました。

ピヨは自分が学校へ行けなかった頃の話は、ほとんどしませんでした。そして記憶が無いようなのです。
聞いても「そうだったの?」「そうだっけ?」ということがほとんどで、自分から話すこともしませんでした。

2日前の朝「学校、楽しい。6年生の時より調子がいい」と言っていました。
学校から帰ると、お友達との話を聞かせてくれるのですが、同じ小学校だった男の子に不登校の頃の話をされたそうです。
「お前、家で何やってたの?」と聞かれ
「自分で時間表つくって、ちゃんと勉強してたよ」と答えると
「何やってんだぁ?」と言われたそうで・・・そんなやり取りを思い出しながら楽しそうに話していました。

・・・ついにその時が!? 
自分のことを人に話せるようになったんだぁ〜と、うれしく思いました。
学校へ登校を再開し3年めに入りました。

今では「自分はもう鬱には絶対にならないよ。」との堂々たる発言。
よくぞ乗り越えてくれました。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
【関連する記事】
posted by ひよっこ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417661623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック