2015年04月17日

競り合う姉妹

先日お風呂上りに体拭きタオルを忘れてしまったので、子ども達に
「誰か〜タオル持ってきて!」とお願いしました。
向こうで、バタバタと音がし先に来たのはピヨの方でした。
泣きながら・・・「ピヨが先に持ってこようと思ったのにウサが〜っ!」
後からウサが得意げになって持ってきてくれました。
我が家では、中学生にもなるお姉ちゃんが未だにこんな感じです。
(おいおい、そんなことで泣くなよ!)と少し苛立ちましたが、じっくり考えました。

そして気付きました。この子が私に何を伝えたいのか。
「ママって本当に幸せだなぁ〜、2人がこんなにママのために動いてくれるなんて!」と言って頭をなでなで。

こんな言葉かけをすると、ピヨはニッコリ。とっても嬉しそうな顔をしました。
そうか、こういうことだったんだ。

こんな声かけが自然に出来ているママ、いるんだろうなぁ〜、私はやっと気付いたのです。

競い合って相手を蹴り落とすことを教えたのは、もしかしたら私だったのかもしれません。

子ども達が何を一番伝えたくて動いてくれているのか、受け取らなくてはいけないのです。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己肯定感を育てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417437564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック