2015年04月16日

育て方を間違えた

「育て方を間違えた」と23歳の時に母親に言われたことがあります。
本当にショックでした。

どうしてそんなにショックなのか?自分でも分からなかったのですが、最近になってやっと分かりました。

「育て方を間違えた」という言葉は、それまでの23年間の自分を全否定されていると言うこと。
親は自分の反省のつもりでその言葉を発しているのかもしれませんが、もう取り返しのつかない過去について「育て方を間違えた」の一言で済ませて欲しくないのです。

じゃあ、もし育て方を変えていたら、こんな私にならなかったの?
私は私、違う育て方をされても私です。

ありのままの自分を見てくれていない親に対して、とても悲しい気持ちになったのだと思います。

自分なりに必死に悩んで迷って、出した結果が親を裏切ることになってしまった。
自分の望む結果にならなかった子どもを受け入れたくない気持ちも分かります。親も完璧ではありません。今は許せます。

でもこれから親になる人には決して言って欲しくありません。

子どもは自分で幸せを得るために必死です。

親の大きな愛で受け入れてあげてください。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
【関連する記事】
posted by ひよっこ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己肯定感を育てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417341768
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック