2015年02月02日

姉妹関係の改善策(個性を認める)

ピヨが不登校になった頃、同時期にウサも「学校へ行きたくない」と言い出しました。

そこから姉妹の『ママ争奪戦』が始まりました。

ピヨを誉めればウサがふてくされ、ウサを誉めればピヨがふてくされる、ピヨを抱っこすればウサも抱っこをせがんでくる。
私は1人しかいない・・・困りました。

この期間、私が思ったことは二股をかける男、又は一夫多妻制の国の夫の凄さが頭をよぎりました。
もちろん男女関係のもつれで、うまくいかないケースはたくさんありますが、その中でも多数の女の人を相手にしているにも関わらずその中で憎しみあったり奪い合ったりすること無く自然に生活しているケースがあります。

その当時の私には、それを笑ったり馬鹿にしたりではなく、その術がどういった理由からなのか真面目に考えていました。
そしてどんな違いがあるのか?と考えた時に、お互いを競い合わせることなく個々で向き合うことなのかもしれない、一人ひとりそれぞれ違いがあって、それがその人の良さであるということを認めること。
それを伝え続けることでその人の存在が、そこにいていい存在として認められ、それぞれが自分の力を存分に発揮できるのかもしれないと考えました。
これはあくまで私の憶測です。二股の男や一夫多妻の夫がそんな術を身につけているのかどうかは分かりませんが、この考え方はあながち間違っていないのではないかと思います。

自分は親ですので、子どもと同等ではありません。
どちらかに肩入れしたりその場を取り繕うような態度では関係は良くなりません。

その親が2人をひっくるめて揉め事を何とかしようと思う事をやめ、個々に向き合うことに頭を切り換えると関係は良くなってきます。対一で認めることで親との信頼関係が強固なものになっていきます。
自然にライバル視することが無くなってきます。

最近では、ウサが抱っこしていてもピヨは平気。ピヨが抱っこしたい時には私のところにやってきます。抱っこしたいときは、「相手にとられたくない!」ではなく自分が抱っこしたいときにすればいいんだということに気付いたんですね。それは自分も大事にされているんだという事を知り、気持ちに余裕が出てきたからかもしれません。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
posted by ひよっこ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413366776
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック