2015年01月21日

栄養は何を優先したらいいのか

ピヨが水分も食事も全く摂れなくなったその後、2年4ヶ月が経ちました。
いろいろな経過を辿りましたが、最近の様子から、もう心配はないと思えるようになりました。
6月から4キロの体重が増加したこと、そして顔がふっくらしてきたこと、おやつの後も夕食がきちんと食べられるようになったこと、ここ数日急激に食欲がアップしていて今までの分を取り戻そうと言う勢いです。

長期の摂食障害では、本人が拒み続ければ栄養失調になってしまいます。食べられるものを食べる姿をそっと見守るのが基本ですが、子どもの嗜好に任せていては充分な栄養が摂取出来ません。
ですから、食べられるものを見つけていくと言う作業も必要です。

まず私が特に注目したのは、必須アミノ酸の「トリプトファン」です。
効果はあったのか無かったのかは分かりませんが、とにかくやる気が起きなければ全てのことに興味がわきません。もちろん食べることにも無気力になります。運動することも苦痛です。
脳内のセロトニンを増やすために朝日を浴びることやリズム運動などもありますが、食べられない者にしたら朝起きるのも辛い、運動することは出来るだけ避けたくなります。
優先的にセロトニンの原料になる「トリプトファン」の含む食べ物を食べさせることに気をつけました。

ピヨはチーズが好きなのでチーズは冷蔵庫に常備しておき、バナナやココアや豆腐などを使い手作りのお菓子にして食べさせるようにしました。最近ピヨが好んで食べるのは甘酒ヨーグルトです。甘酒にもヨーグルトにもトリプトファンは含まれています。

脳内のセロトニンの分泌の機能不全も関係があるのなら、まずはストレスからの解放として親子関係を良くしゆったり過ごすこと、そして栄養に気をつけることが順番なのかなと思います。

主人の栄養も考えたりしていますが、結局は主人も食べたほうがいい食材なんですね〜。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村
ラベル:拒食
【関連する記事】
posted by ひよっこ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 拒食症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック