2014年09月04日

相手の立場になって考える

不登校を克服?して1年半経過しました。
前よりずっと笑顔も増えました。
しかし未だに外出はしたくないようで、車酔いするからとか疲れるとか理由をつけては家に居ることが多く、食事も外食は絶対に嫌で友達と出かけてフードコートで何か食べようとなっても「さっきお茶飲んだからお腹一杯」と言って食べません。
6年生の夏休みが終わり学校へ行くことは嫌とは言わなくなりましたが、帰りは迎えに来て欲しいとお願いされました。一緒に帰ってくるお友達が居なくて怖い、疲れるとのことでした。

何かピヨの中に問題が残っていて、殻を敗れないでいるようなそんな気がしてなりません。
これでは何かあればまた不登校に逆戻りする恐れがあります。

先日私の誕生日に、ピヨが手紙をくれました。それを読もうとした時ウサが覗こうとしました。
ピヨはとっさにお腹めがけてたたきました。
ウサが泣きました。

最近は仲良く遊ぶようになり微笑ましく思っていましたが、やはりお腹をたたいたりする行為がまだ直っていなかったようです。
ピヨは善悪の判断は出来ますから、おそらく意識的ではなく無意識に反応してしまうのだと思います。

ピヨに聞いてみました。
どうしてお腹をたたくの?
ピヨは他の人や動物はとっても可愛がるのにウサには酷いことするよね。
ウサは動物以下って事?可哀想。
ピヨはウサのことが嫌いだから居なくなって欲しいの?

どの言葉にも返事はありませんが、ピヨはウサのことが嫌いだから・・・と言った後に涙をぽろりと流しました。
ピヨの気持ちに触れたとき涙が出てくるのです。

「そっか、ピヨはウサのことが嫌いで居なくなって欲しいって言う気持ち、そういう気持ちがあるってことをママは分かったよ。それが良い悪いじゃなくてピヨの本心なんだからそれは仕方ないよね。
でも、ピヨもウサもママの可愛い子供達なんだからそんな風にウサが思われているのはママ悲しい。」
と伝えました。

今までだったら、「お腹は大事なところなんだからたたいちゃダメでしょ」とか「ピヨが悪い」と言うだけだったのですが、善悪の判断ができる6年生にもなってのこの行為は見逃せません。
無意識の行動ですから言っても改善されないでしょう。

私の頭の中で、どうしたらウサを大事に思えるようになるのか?という疑問と同時に、相手の気持ちを考えられない子になっているのか?相手の立場になって考えることが出来ないのではないか?そんな心配が出始めました。





にほんブログ村



posted by ひよっこ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404858922
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック