2017年02月24日

不快を快に変える

長い間とても考えることが多く、自分自身を見つめ直す一年でありました。
ピヨも順調に学校へ行っています。
いろいろ自分を見つめ直し、やっと自信を持ってピヨは大丈夫と思えるようになりました。
私自身が歪んだ物の見方が多かったからです。自分の見ているもの全ては真実ではなくほんの一部でしかなかったことを学びました。

何が不登校の原因であるのか、学校へ行けない状況をつくるのは何かとずっと考えていました。

人との関わりは、あらゆるところでやってきます。
もう嫌だと思っても、世間はほっといてくれません。
ほっとかれても本当にこれでいいのかと思いながらも日々過ぎていきます。

そしていざ、学校へ行こうと思っても、またあの嫌な思いを乗り越えるまでのパワーが必要です。
そこまでのパワーは、じっと待っていてもたまりません。

じゃぁどうしたら?

子どもを学校へ向かわせる前にお母さん自身が不快な状況を快に変えること、出来ますか?
意外と我慢していることが多いのです。
我慢すると原因探しが始まります。

原因探しにエネルギーを使うよりも未来に進みましょう。

今起きていることに向き合ってみましょう。

不快を快に変える方法は、
 その場を立ち去る
 相手を説得し自分の状況を理解してもらう
 自分が変わる
この3つだと思います。

まずは自分を大事にしてみましょう。
お母さんの不快を快に変えられたら、次は子どもが不快を快に変えられるよう援助しましょう。

この経験がとても大きな収穫になることは間違いありません。

ご訪問ありがとうございます足跡残してくださると嬉しいです
コチラ↓

にほんブログ村

posted by ひよっこ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 不登校 家族の役割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする